FUJII / Blog

ラジオ局→IT→新放送サービスi-dio立ち上げへ。

川崎市市民ミュージアム水没の報に触れてマンガ研究の未来を憂う

川崎市市民ミュージアムが水没し、戦前の漫画(と報道されているが、赤本、ポンチ絵の類を含むのだろう)を含む多数の資料が被災した模様、という非常に衝撃的なニュースが流れた。

www3.nhk.or.jp

ミュージアムは設立時から複製芸術全般を積極的に扱う、当時としては非常に先進的な方針の博物館兼美術館で、地方自治体の施設でありながら、全国のマンガ研究の中核的施設のひとつでもあった。私も学生時代に何度も訪れているし、学芸員の皆さんにもお世話になったので、たいへん心配…

しているのだが、もしかするとその学芸員さんたちはもうすでにいないのかもしれない。2017年に指定管理者制度が導入されて以来、学芸員の離職が相次いでいたようなのだ。日本マンガ学会の会報でもそれに気づくことができるような記事はなかった(私は購読会員を今も続けている)。二重に衝撃を受けた。

www.kanaloco.jp

日本のマンガ研究はまだ基礎すらできていない

クールジャパンとかなんとか言われて久しいが、日本マンガ学会が設立されたのが2001年。私が学生だった頃にはまだ論文もまともに集まらない状況で、大会も在野の研究者…ないし評論家、あるいは著述家の皆さん、マンガとは縁遠い学部でひっそりと論考を発表している先生方、出版業界の方々が玉石混交に「表現してみたもの」を並べているような状況だった。ここ最近は海外からの留学生がぐっと論文の水準を引き上げたような(ちょっと恥ずかしいけど)状況もあるけれど、まだまだ「学会」としての基礎固めには時間がかかりそうな状況のように思う。

マンガに学問なんているのかよ?という声は、当然学会設立以前からずーーーーっとある反応なのだが、ちゃんとした研究体制がないのに国の基幹・重点産業だとどうして言えるのか。諸外国からポルノ扱いされたときに、論理的に反論をできるだけのロジックがちゃんとあるか。この電子書籍時代に日本のマンガ産業が維持発展するために何が必要か、客観的に分析して文化庁に上申する有識者はいるのか。著作権法のアップデートにマンガ産業からきちんと意見を言うのはだれなのか。そもそもマンガは日本独自の文化とか、未だにそういうことを言っていていいのか(世界にはマンガ的表現が多様に存在するし、「マンガ」「マンファ」「漫画」「Cartoon」「BD」「Manga」「ポンチ絵」「赤本」といった単語は非常に慎重に使う必要があるというのが現在のマンガ研究者の認識。手塚治虫鳥獣戯画も、安易に「起源」とは呼ばない)。そしてなによりも、この文化を記録保存していくのは誰なのか。

日本のマンガ研究がなかなか発展していかない原因は、たぶん2つだとずっと思っている。それぞれ模索が続いているのだが、今回の水没被害は、その歪みというか、うまくいっていない感じを露呈したと思う。

研究者の就職先の不足

日本でマンガ研究を最も精力的に行っているのは京都精華大学で、日本マンガ学会の事務局も京都精華大学内にあるのだが、同大学はどちらかといえば「作家育成」のほうに力がかかっていて、国際的な研究機関としての色合いは(土地柄留学生はとても多いし、活発ではあるのだけど)正直そんなに濃くない。最近は学長が外国人になったこともあり(とても印象的なニュースだった)、多少変わったのかもしれないけど。その他、明治大学などにも研究機関はあるけれども、マンガを専門にした大学の研究職のポストは、正直言ってほとんどない。

同時に、マンガには資料収集・保存という重大なミッションがあって、かつ展示を行うことで文化イベントとして町おこしなどにつなげたいという社会的要請も強いので、学芸員として博物館・美術館に専門家が配置されることが期待されるのだけれども、これも非常にポストが少ない。川崎市市民ミュージアムは、その数少ない受け入れ場所だったが、自治体行政の効率化の荒波の中で、予算上維持しきれなかったというのが実態のようだ。確かにあのミュージアムは多機能すぎて若干緩慢とした印象もあるし、場所的にもあまりアクセスがよくないので(水没した原因もその立地にあると思うが)、来場者が伸び悩むのもわからなくはない。

資料の保存・受け入れ体制

国会図書館があるからそれでいいじゃん?と思われる方がいるかもしれないが、そうではない。

  • 国会図書館に保存されているマンガはカバーが外されてしまっている。図書館とはそういうものだが、マンガの場合、カバーアートも作品の一部なので、研究上重大な支障となる。
  • 国会図書館は残念ながら、マンガ雑誌の保存状態があまりよくないと言われている。紙質が独特な日本のマンガ雑誌はそもそも保管が難しいのだが、あまり資料として重要視されていなかった背景もあるらしい。
  • 国会図書館は当然「すべての本が1冊ずつ献本される」わけだが、残念ながらマンガの場合、版を重ねるごとに絵が書き換えられていたりすることが多い(特に手塚治虫)。その履歴をたどることが困難。
  • 同人誌などについても一部は献本されているらしいが、当然ほとんどは存在しない。
  • そもそも、マンガの分類について日本十進分類法には規定がない。書誌情報が十分に整備できていない(一部の専門図書館ではいわゆる漫画喫茶方式=著者名順でお茶を濁している)。
  • そんな中、電子出版されたマンガをどうするか、なんて問題も増えていたりする。
  • さらに頭が痛いのが高齢化するマンガ作家が寄贈したがっている原画の類で、特にスクリーントーンなどが貼られている原画は取り扱いが非常に難しいが、これは図書館のカバーする範囲ではない。

それに対して、京都国際マンガミュージアムという施設があるのだが、これは京都精華大学が運営する施設のひとつで、元が廃校になった小学校なので、資料保存機能としては完璧ではない。
明治大学米沢嘉博の収集物を受け入れ、先行的に「米沢嘉博記念図書館」を設置したり、日本初のマンガ図書館を作った内記稔夫の内記マンガ図書館の運営を引き継いだり熱心に取り組んでいるが、本来目標だった「東京国際マンガ図書館」は、2014年の完成目標に対して、まだ大きな進捗は見せていない。どれもこれも、2009年に民主党政権が「国営漫画喫茶」などと罵って計画を停止してしまった、国立メディア芸術総合センター計画の破綻が契機となって、高齢化しはじめたマンガ文化の初期の担い手たちが、その蒐集品をなんとか散逸させまいと、のたうち回った結果だ。
明治大学|東京国際マンガ図書館
図書館紹介 - 明治大学 現代マンガ図書館
国立メディア芸術総合センター - Wikipedia

こんなことをやっている場合ではないし、次々襲ってくる自然災害の中で、地方自治体の町おこしとか、いち私立大学の努力のレベルでは資料の保存・分析は進めようがない。とにかく、川崎市市民ミュージアムの被災については国難レベルの損害だと認識したうえで、文化庁には資料の修復に対する緊急の手当と、改めてのマンガ資料の収集体制に対する世論喚起を求めたい。


(追記 10/29)
公立美術館において開催される漫画、アニメ展に関する一考察 ──「富野由悠季の世界」展と「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」:キュレーターズノート|美術館・アート情報 artscape

富野展についてはその点、非常に画期的な取り組みであったことに触れておきたい。委細は上記リンク先に詳しいので省きます。


(追記 11/14)
寄付金の受付がはじまりました。

http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000112189.html

Apple (Retail) Store店頭でのパーソナルセットアップは廃止されている(2019年9月時点)

Macをはじめて買うという初心者に相談されたので、「(ぼくは使ったことないけど)Apple店頭の受け取りにしてパーソナルセットアップを受ければよいのでは」と勧めた。

www.macotakara.jp

ぼくは必要ないけど、こういうのが精神的にとても助かる人は多いと思うし、周囲にMacユーザーがいない場合なおさらだろう。

が、購入申し込みをオンラインで済ませた後、どうやってもこのサービスの申し込み方法がわからないので電話で問い合わせたところ、「最近廃止されました」という。

代替として、画面共有や電話、チャットなどでサポートする遠隔サービスがあるようだが、それじゃない感がすごかったのと、AppleでもECのサポート窓口ではこの変更についてよく把握していないので、こちらが期待している内容と紹介される内容の乖離でだいぶ混乱させてしまった模様。申し訳ないことをした。

この廃止について特に記載されているウェブサイトが発見できなかったので、つまんない内容で恐縮ですが、ブログにメモしておく次第。

天気の子。

f:id:gleam:20190804215427j:image


英題が「Weathering with you」だけど、これは「君と風化させる」じゃなくて、新海監督は「君と乗り越える」と訳して欲しいらしい。

 


「秒速五センチメートル」の発表試写にも仕事にかこつけて行ったし、種子島聖地巡礼した程度にはかぶれているので、彼がどのように「平成のセカイ系」を総括するのか、楽しみに観に行きました。あいちトリエンナーレのアレとかで東浩紀とかが総括してくれそうにもない状況だし。

 


以下軽いネタバレ。

 

 

 

セカイ系に必要な「きみとぼくの距離」を表すものとして、初期にはロケット、そのあとはひたすら電車と踏切、あるいはホームを多用してきた新海誠だけど、今回は線路を走っちゃったり、わりと電車は距離のメタファーに使われない。それでもRADWIMPSのMVはJR東全面協力でこれ以上ないロケで撮られてるし(よく探したなぁ)、山手線内を舞台にするとどうしても踏切は少ないし、代わりに使われる「距離の装置」が今回はフェリー。でも案外淡白な扱い。このへん新海節が発揮されないのは全体尺の問題なのか?

愛にできることはまだあるかい RADWIMPS MV - YouTube

 


セカイ系にも関わらずオトナがわりと味方についたりするので、車やバイクもよく出てきた。それでも今回は時間でも、速さでも、距離でもなく、「空とぼく」の距離と主人公は闘ってるので、横に移動できても距離は詰められない。縦横時間と全部使い切ったので、次にセカイ系作品を作るとしたら、パラレルワールドしかないな。(君の名は。って、あれ一応世界線は1つしかない前提ですよね?彼ら今回カメオで出てきたし。)

 


あ、いや、今回満を持してJ企が製作委員会に入ってるので、つぎも鉄道ネタは入ってくるんだろうか。J企がポケモン以外でアニメ制作に関わったのは珍しいと思うし、プロダクトプレイスメントにも汗をかいていたので、次回も頑張って欲しい。そういう健全な夏休み映画にも関わらず拳銃が無防備に出て来たり未成年をラブホに泊めて補導させたりするのは、STORYが頑張った成果なのだと思うけど、どういう意図で必要としたシーンなのかはちょっと掘り下げが足りなかったかもしれない。

 


主人公を中学生にしなければならなかった理由も少しわからなかった。親権で揉めてるシングルファザーと、親戚の女子大生のねーちゃんと対比させるのに、高校生だと自我が強すぎたんだろうか。まぁ、このへんのご都合感が観る人によって「どこかでやったエロゲの劇場版感」を醸したのだろうと思う。

 

 

以下重大なネタバレ。

 

 

 

基本的にセカイ系とは「世界と彼女どっちをとるのか」という基本的な構造を持つわけだが、今作は「彼女を取って東京が滅びるのに、わりとみんな普通に生活しており」、「お前のせいじゃない、深く考えるな」と周囲のオトナになだめられる、という意外な結末を迎える。「中2の世界=島から出てきたお前が観たトーキョーなんて井の中の蛙の世界でしかない」とはっきり提示してしまう。

 

水に沈んだトーキョーは、わりとあっさり、モノローグで「3年後」と処理されて提示される。セカンドインパクト後の旧東京を見慣れてしまっている僕らにはなんとなく「それでも日本って滅びないんだろうな」と受け入れられてしまうわけだが、「世界が、終わるのよ…」とリツコが絶望気味に語るサードインパクトとはだいぶ対比的なあっさり感。


上映前の特報で流れるシンエヴァの映像にはほんの一瞬しか碇シンジが出てこないのだけど、2020年6月、シンジくんが世界をもう一度滅ぼすのか、救うのかで、平成のセカイ系は本当の総括を迎えるのかもしれない。映画の主題歌でどんなに歌い尽くされても愛にできることはまだある、とRADWIMPSは歌うけど、失われたホゲ10年を生きてきた中2たちは、令和の時代にどんな絶望と距離を超えて、きみとぼくのセカイを救う「物語」を紡ぐのだろう。

 

ペットのLINEクリエイターズスタンプを作れるプリクラ機を体験してきた

LINE Creators Studioアプリがあれば誰でもスマホだけでLINEクリエイターズスタンプは作れるわけですが、それなりに大変なので、よほどの物好きでないと経験したことのない人が多いと思います。巷には代行業者もいるそうで。

 

そんな中、ペットの写真でスタンプを作れるプリクラ機が東京初設置というので、スタンプ制作業務経験ありの犬飼いとして体験してきました。事前にそこそこ準備をしないとけっこううまくいかないので、これから行ってみる方は事前準備をぜひ。

 

どこにあるの?

新大久保の「愛犬ヴィレッジ東新宿」に設置されてます。

都内初!いぬプリ『WithPet-ウィズペット』(ワンちゃん専用撮影スタジオ)が愛犬ヴィレッジに登場♪ | お知らせ|愛犬ヴィレッジ

提携駐車場がないので、周辺のコインパーキング要確認です。近所のドンキが一番いいんですがなかなか空かない。

 

屋上のドッグランがとても気持ちいいところですが、プリクラ機は何も施設を利用しなくても使えます。ペットホテルにいぬを預けて韓国料理を食べに行くもよし、館内のレストランもおいしいです。よく行きます。

 

どんな機械なの?

f:id:gleam:20190504202032j:image

こんなん。撮影は千円、スタンプの申請は追加三千円(!)ですが、いまならキャンペーンで千円。都合二千円で作れることになります。まぁ、許容範囲かなぁと。

 

撮影前のポイント

とにかく撮影が始まってしまうと、プリクラ方式なのでひたすら時間がありません。なので、あらかじめ確認したいこと。

  1. 人間は荷物を整理して、上着を脱ぐ(写り込まないエリアに逃げる必要があるのでに必須)。
  2. いぬの服装を整える。途中で着替えさせる時間はまったくありません。
  3. いぬのトイレは済ませておく。
  4. いぬの好きなエサかおもちゃを隠し持つ。
  5. おすわりの練習をしておく。

 

いざ撮影

機械の中はグリーンバックになっていて、いぬが乗る台があります。証明写真のような形になっていて、人間はカメラレンズの脇に立つと死角に入れます。台の高さを慎重に調整して、いぬが全身入るようにしましょう。

このグリーンバックがとてもよくできているのが、まずお金を払う価値かなと。

f:id:gleam:20190504202604j:image

いぬをリードで留めることもできるのですが、おとなしくしてられる子なら、つけなくていいとおもいます。この日は営業のおにいさんが付き添っていて、リードは使わせていませんでした。

内部のモニターで説明がはじまります。

 

f:id:gleam:20190504224733j:image

 

スタートする前に、まずはいぬを正面に集中させましょう。基本的に、正面に向かって、複数の表情をさせることが仕上がりをよくします。横向きとかはあんまり役に立ちません。

台座にゴミがあれば必ず掃除してください。自動で背景が切り抜かれるときにノイズになります。前の子の抜け毛とかも払いましょう。

ベースはおすわりで、たまに立ってしまったらそのまま立ちのポーズで表情を押さえるのが良いと思われます。口を開けたりしてくれると非常に良いのですが、これがまぁ難しいんだな…。機械が気を引かせるためにいろんな音を出してくれますが、うちのいぬにはあまり効果なかったです。

 

手動シャッター機能をフル活用せよ

f:id:gleam:20190504225127j:image

初期設定では10秒くらいおきにガンガン勝手にシャッターが切られるのですが、実は手動に切り替えられます。

元がプリクラ機らしく、そこ押したら人間映るやろ、というところにシャッターボタンがあるのですが、足元にフットボタンがあるのです。

タッチパネルで容赦なく最初から手動に切り替えてください。自動シャッターは焦るだけでなにもいいことないです。

 

シャッターボタンは踏んで0.5秒後くらいに撮影されるイメージ。なので、いぬに呼びかけて、踏んでから表情を作らせる感じです。

いぬの集中力が切れたら、一度抱き上げてあげたりして、おちつかせて、座らせてから仕切り直しましょう。タイムアウトで強制的にシャッターが下りることがありますが、結構な枚数を撮って、最後に8枚オーケーがあれば大丈夫です。

 

見切れはあまり気にしなくて良いです!全身のスタンプを6種類、顔を切り出したスタンプを2種類、最後に作ることになります。

この数字はよく覚えておいてください。カメラにちょっと近づいたりしても、わりとフォーカスはしっかり合うので大丈夫。ただし、台座は動かしてもあんまりいいことありません。

 

オーケーカットを選ぶ

撮影が終わると休む暇なく、ブース脇のタッチパネルでオーケーカットを8枚選びます。このとき、プリクラに慣れてるひとは「写りの良さ」で選びがちですが、そうではありません。

「表情の際立ってる顔が写ったものを2枚(むしろ見切れててオーケーだけど、おすわりしてるほうがきれいに顔をくりぬける)」

「全身がきれいに入ってるものを6枚」

選んでください。後者の6枚は写真の拡大縮小はできません!写ってるサイズイコールスタンプの仕上がりサイズです。

表情メインのスタンプは顔でスタンプを表現しますので、できるだけ激しい表情がよいです。

それ以外の6枚は、正直代わり映えしなくても、このあと加工でどうにでもなるので、きれいにスタンプになりそうな、全身が写ってるもの(かつ、できるだけ飼い主が写り込んでないもの)を選びましょう。飼い主を消せる消しゴム機能は一応あるんですが、めっちゃめんどくさいので、編集時間を無駄にします。

 

編集タイム!

プリクラに慣れているひとはペンで何か書くんだと思いがちですが、LINEの申請を無事に通す関係で、フリードローイングはありません。

f:id:gleam:20190504230305j:image

基本は「8枚に対して用意されたテーマから選択して、そのテーマのフレームをあてていく」作業です。

 

1)顔の切り抜き

顔の表情で選んだ2枚を、顔だけ抽出します。これは円の中に顔をざっくり入れれば、あとはいい感じにやってくれます。おおきめに囲むのがポイント。はみ出してはいけません。いらんものが入り込んだ場合、あとで消しゴムで消せます。

 

2)テーマとフレームの選択

ここからが一番イメトレの重要なパートです。

手順は各写真につき、「テーマを選ぶ」「そのテーマからテンプレートを選ぶ」の繰り返しです。それぞれ時間制限があります!

しかもテーマは各写真につき、いちど選んだら変更できません!このとき、使い勝手のいいスタンプにするために、必ずバランスよく選ぶようにしましょう。「OK」とか「おはよう」みたいなスタンプと、「怒り」みたいなスタンプは必ず入っていた方が使いやすいです。いぬが特に怒ってるように見えなくても、テーマをあてればなんとなくそう見えます。「怒り」は顔を切り抜いた写真のうち1枚に当てるとインパクトが出ますよ。(もう一枚は代表写真にあとでするので、どっちも怒りにするのはやめましょう)

 

3)細かいデコレーション

最後に洋服とかメガネとかをスタンプであてたり、消しゴムでいらないところを消したりできるのですが、基本的には洋服とかメガネは使う必要ぜんぜんありません。野暮ったくなります。

やるべきことは2つだけ。

「怒りのスタンプの顔の横に怒りマークを足してそれっぽくする」

「悲しみのスタンプに涙を足してそれっぽくする」

これだけです。

残りの時間は何か写り込んだゴミがないか調べて、消しゴムで消すのに使いましょう。

 

4)代表写真を選ぶ

最後にこの作業が出てきます。これはスタンプの販売時に一番上にでるものなので、顔がでかいやつでかわいいほうを選びましょう。

 

できた!

f:id:gleam:20190504231237j:image

できあがると、出来上がりイメージとQRコードが印刷された紙が印刷されます。本来はこのQRコードを使って自分でウェブサイトにアクセスして、スタンプ名とかを設定して、申請代行を依頼するのですが、この日は営業のおにいさんが紙に連絡先を書いてくれて、「私が代理でやります」でおしまい。(サイトに割引機能がなくて、おにいさんがあとで処理するらしい)

LINEクリエイターズスタンプは審査があるので、数日から最長2週間くらいすると、審査が終わって無事にストアに出ます。ひとつはプレゼントでくれるそうですが、あとは50コインで普通に買うことになります。誰でも買える状態になるので、家族とかにも教えてあげましょう。(売り上げは自分には入りません。念のため)

 

というわけで、ぼくはいま審査待ちのステータスです。わくわく。