読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJII / Blog

ラジオとソーシャルメディアのあいだに。

Flickr Proの解約返金キャンペーンで9ドルの受け取りに失敗している件→解決

Flickrが無料アカウントのストレージを1TBにした*1ことで、Proユーザーだけれどもそんなにヘビーに使っていなかった僕はProの更新をやめて、残りの期間分の返金(約9ドル)を受けることにしたんだけど、手続きが全然うまくいっていないことに先日気づいたので、同じ状況にいる人のためにメモ。

経緯

  • Flickrから返金キャンペーンの連絡が来る
  • 5月、Flickr Proの自動更新*2を放棄し、返金を受ける旨、Flickrのサイトで登録した
  • 返金用のバウチャーがメールで届いたので、Flickrの指示に従い、Yahoo! Wallet (US)のページでバウチャーと、自分のPayPalアカウントを登録。完了したので少し経つとPayPalに振り込まれるよ、と表示された。おしまい。

の、はずが、PayPalにいくら待っても入金がない。PayPalは僕は日常まったく使わないので、クレジットカードの有効化ができていないのが原因だろうと思い、カードの認証プロセス(PayPalに200円を支払って、カード会社の請求明細に記載されたパスワードをPayPalのサイトで入力する)をしたんだけど、それでも何も起きない。

よく読んだら、PayPalでは「支払い」ではなく「受け取り」を日本でしようとする人は、本人認証プロセスも済ませなければならないことに、去年からなっているらしい。というわけで、今度は運転免許証の写真をPayPalに送って、いまPayPalから郵送で認証トークンが届くのを待っているところ。このプロセスの途中、マンションの名前の表記が微妙に違う、というツッコミがPayPalからご丁寧に日本語のメールと日本からの電話であったので、PayPalは日本市場ですごく丁寧な仕事をしているな、とちょっと感心した。すごいコストかかってると思う。

が、肝心のFlickrからの返金バウチャーはすでに「使用済み」になってしまっているので、今度はFlickrのメール問い合わせフォームから状況を説明したところ(これは英文)、Yahoo! (US)からヒアリングのメールが届き、詳細送ったのですが、「エンジニアが解決策を模索しているが目処が経っていない、そういう状況が発生するというレポートをもらったのは非常に有り難く、頑張ってます」みたいなメールが届いて今に至る。

根本的な問題は、PayPalのアカウントが資金の「受け取り」が可能なアカウント状況にあるかどうか、Yahoo! WalletとAPI通信の過程で認証できていないことにありそうです。

まとめ

  • PayPalは日本の資金決済法にあわせて独自仕様を設けたのだと思うので、グローバルサービスではこういった問題はときどき起きそう。PayPalでの決済を実装している方は、注意してください。
  • Flickr Proの返金手続きをこれからされる方は、この機会にPayPalアカウントを「資金の受け取りが可能な」状態にするために、カードの認証と住所認証の両方を済ませてから手続きをしてください。両方の手続きを完了させるには、カードの明細が郵送でしか受け取れない方の場合、最長で1ヶ月以上必要です。
  • ぼくと同じ状況に陥っていて、返金バウチャーが無効になってしまった方は、Flickrのメール問い合わせフォームからとりあえずクレームを送ってください。

進捗があればまた追記します。また、Yahoo! (US)との英文でのやりとりがしんどい、という方がいらっしゃれば、僕がサポートに送ったメールをシェアしますのでコメントください。

追記

Yahoo! USから、他のユーザーからも同様の報告があったことと、48時間以内に進捗を報告する旨連絡がありました。どなたかレポートを出してくださったのでしょうか、ありがとうございます。(6/3014:00追記)

追記2

Yahoo!からはその後二度に渡り、進捗がないことについて侘びのメールがきましたが、先ほど唐突に、PayPalから入金通知がありました。Yahoo!側で強制的に再入金を処理してくれたようです。
(7/9 2:00追記)

*1:http://news.mynavi.jp/news/2013/05/21/052/index.html

*2:希望する既存ユーザーに限ってProは使い続けられる