読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJII / Blog

ラジオとソーシャルメディアのあいだに。

au WALLET届いた。4750円もうかった。

f:id:gleam:20140614140736j:plain


au WALLETカードがやっと届いたので初期設定。

カードのアクティベーション自体はau IDと紐付けされた状態で届くので、au WALLETアプリでログインするだけなんだけど、2年前にガラケーから開設したまま放置してたじぶん銀行のロック解除のために、じぶん銀行アプリをいまのスマホに入れて、ログインパスワードを再設定して、パソコンロックを解除。当時はガラケーを落としたときも安心、だったはずのパソコンロックが、スマホからも解除できるのはやや変な気もするけど。ぼくと同じ境遇でじぶん銀行を久々に使う人は、先に銀行アプリのほうをセットアップしたほうがいいです。


じぶん銀行からのチャージは一回に25,000円までなので、10%初回プレミアムと、5%じぶん銀行プレミアム【10回/月まで】で得られるインセンティブは3,750円ですね。1,000円のプレミアムがチャージされて届いているので、au WALLET発行すると4,750円もらえるよ、ということで。発行100万枚超えてるらしいけど、一体どんだけ予算確保してるんだKDDI


ウェブマネーKDDIに買収されたときに、こういうゴールイメージはなかなか思いつかなかったなぁ。口座はじぶん銀行、残高管理はウェブマネー、入金はペイジェント、イシュアーはマスターカードトランザクションクレディセゾン、と、やたら登場人物が多い電子マネー、というかプリペイドカードなので、既存のサービスを組み合わせて実現したのだろうけど、障害がちょっと怖い気もする。

あとは入金手段がじぶん銀行マスターカードに限られている(auかんたん決済で通話料と合算もできるけど、与信幅が小さい)ので、バリバリ使うつもりの人は、そのあたり注意です。


つかってからわかってきたこと(随時更新してます)

  • 初回チャージの10%プレミアムは翌月付与、じぶん銀行の5%プレミアムは即時付与なので要注意。なんかいろいろ複雑。
  • プリペイドカードとか提示するのだるいわー、カード持ち歩くのだるいわー、という向きの方は、スターバックスカードのオートチャージ先に設定すると、3.5%のポイントプレミアムが付与されるようなので、こういう中間決済につかうのがよろしいかと。オートチャージ先がプリペイドカードって、なんかしっくりこないですけど。 http://point.auone.jp/pointup/starbucks/
  • 利用明細はマスターカード加盟店で使った場合、「マスターカード加盟店」としか出ない状態が最大2ヶ月続く。家計簿がわりにカード明細を使う人にはとても不便かも。
  • 美容院でふつうにカードとしてつかってみたけど、ふつうにサインを求められました。使い勝手はクレジットカードと変わらないので、加盟店は多いけどiDのようなサインレスの利便性はほとんど享受できない。とはいえNFCよりフィジカルカードのほうが逆にスマホ時代には便利じゃね?という意図はわからなくもない。
  • セブンイレブンで使うと、他のカードと同じ条件なのかサインレス。レシートも通常のカードと同じ印字。承認までにかかる時間も気にならず、素早かったです。