FUJII / Blog

ラジオ局→IT→新放送サービスi-dio立ち上げへ。

「無駄」という判断の濫用の分類と考察

働き方改革」なんて言葉が登場するずっと前から、日本は労働生産性がちっとも上がらず、労働者人口が減り続ける中、無駄っぽく見えることを削減することは喫緊の課題のように思える。しかしどうにも周囲に「無駄という判断の濫用」が目立つ気がする。その分類を試みてみたい。

選択と集中」という言葉を誤用しているパターン

ドラッカーの「経営者の条件」をちゃんと読まないでこの言葉をつかって「利益が出ている得意分野の事業に集中して、そうでないことはやめよう」としてしまう日本企業あるある。くわしくはこちらのサイトに引用があるので参照
間違った「選択と集中」で無駄だと思って捨てた事業のせいで滅びた会社の例には事欠きませんが、技術の加速度的発展の中にあって、一見傍流に見える事業を「捨てなかった」ことで生き残れた会社は割とたくさんある。

本業転換――既存事業に縛られた会社に未来はあるか

本業転換――既存事業に縛られた会社に未来はあるか

この本にたくさん例が載っているけど、例えば自社の存在意義を否定しかねないデジカメ事業を頑張った富士フイルムは、結果的にデジカメ事業は競争に勝てなかったけど、医療機器分野のシェアを劇的に伸ばせた。磁気テープ事業も、シリコン全盛期にあえてやめなかったら、一周回ってビッグデータ時代にバックアップ用大容量テープメディア事業として劇的に勝てた。

ヤマハも実は楽器の利益幅は実は薄くて、他の多様な事業が会社を支えてる。NECのPC事業もそもそもの経緯を読むとこういうものの一環だったのかもしれない。今や見る影もないけど。

KPIの設定を誤っているパターン

先日NHK*1「ボクの自学ノート」*2というドキュメンタリーを放送していたけど、学習障害とまでは言えないけど学校で均質的な授業を受けることが得意ではない子が、自習でやっていた自由学習のノートを文化施設学芸員に見せに行ったりしているうちに、才能が開花した、という話だった。
出てきた施設には公営も民営もあり、北九州の文化施設の層の厚さにも感銘を受けたのだけど、川崎市市民ミュージアムが破滅的なことになっている話や、国立大学の壊滅的な状況を引き合いにだすまでもなく、公営施設は「入場者数」とか、わかりやすさ優先のKPIを設定されて四苦八苦している。入場者数で言えば彼は1でしかなく、学芸員が懇切丁寧に対応しているのもKPIにはまったく寄与しない。というか彼のノート自体、まったく学校の内申点には反映しないので、お母さんも困惑していたらしい。しかし彼のために適切な授業ができるシステムを学校に構築しようと思ってもどう考えても難しいわけで、公営文化施設がその受け皿になったのなら、それは十分に効果的な機能を発揮したのではないか。
そもそも文化施設には教育機能のほかに、資料収集、研究などの複数の機能があるわけで、理念のない安易なKPI設定は本当に危険。

専門家にしかわからない効用度を素人判断しているパターン

八ッ場ダムを「無駄の象徴」みたいに言っていた政権もあったけど、治水上はやはり必要だった。これは歴史が事後に証明した事実なので、当時の判断を一概には悪く言えないけど、少なくとも専門家にしか評価できないことを政治問題化したのは悪手だった。
「2位じゃだめなんですか」のスパコン事業も、1位を目指してブレイクスルーを見いださないと半導体事業の発展にならないわけで、単にぼちぼち性能の良いスパコンがほしいだけなら買ってくればアメリカも喜ぶ。「富嶽」も無事に世界1位を取れそうみたいだけど、結局日本からは半導体産業そのものがなくなってしまった*3

節約して利益を出しているつもりが成長を止めているパターン

製造業なら、10%生産効率を向上しても、10%直接利益が伸びることはあまりなくて、基本的に製造高が10%増えるだけで利益は数%の伸びしろにしかならないはず。で、10%「利益を出せ」と言われると、難易度の高い生産性の向上じゃなくて、部品原価を削る方にみんな走る。昔の日本はそのコストカットをしながら「ちょっとトンガった商品」を出していくのがとても上手だったと思うのだけど、今の高度な産業では部品はコモディティ化していてそんなに価格を削減できるものではないので、結局「研究開発費の不足」という形で表出することが多い。結果、商品の進化が止まり、結果的に商品が陳腐化して、価格崩壊を起こして、利益が出なくなる。残念。

本来は、その10%の空いたリソースで、新しいことをやらなければ、企業はそれ以上の成長ができない。作業が全体的に仕組み化されているので、生産効率を極限まで可視化できてしまうICT産業では、自由な研究開発に半強制的にリソースを当てるような仕組みがあったりするが、そうでもしないと、目の前の利益を先食いしようとする無言の同調圧力に、どうしても負けてしまうケースは多いのだと思う。

無駄そのものが存在意義だったはずのパターン

製造業ならプロダクト単位で反省すればいいのだけど、放送業のような特殊な業界ではもっとひどいことが起きる。放送業は「24時間×365日」の番組をプロダクトとして出していくことがどんな状況であろうと常に求め続けられるので、生産性を上げろ、ということは、つまり制作費の一律削減という形でしか反映されない。そもそも日本には地上基幹放送事業者(テレビ・ラジオ)がコミュニティFMを除いても201社もいるわけで*4、それ自体「無駄」と言ってしまえば存在意義がない。非常時にだけ「ラジオは災害時に役立つ」とか持ち上げられたところで、平時には「地域の文化を支えるメディア」であり、極論すれば地域産業の「遊びの部分」で食べさせてもらっている存在だ。無駄、は多様性、とも言える。テレビもラジオも、系列キー局から番組をもらっていれば、極端な話一番効率よく収益をあげることができる。しかしそれは201社放送局があること、地域に根ざしたメディアを育て、多様性を維持することの否定でしかない。結局そればっかりやっていると、あれ?災害時にも東京の報道が流れてるだけじゃん、といわれてしまった放送局も、2011年にはたくさんいた。

もちろんそうではない放送局もたくさんいる。大変な苦労と偶然の積み重ねで福島第一原発の爆発の瞬間の映像を押さえ、東京に送った地元テレビ局の奮闘と、素直にそれを喜べない悲しさを、私達メディア人はいつまでも記憶している*5

自分の経験に即して振り返る

この本で「京大的アホ」と表現されているのは、「この広大な人類の知見を一分野だけタコツボ的に学んでも、人類の知見を広げるに至ることはほぼ不可能だ、したがって、それ必要なん?と言われるようなことをいろいろといじくって、その偶発的なつながりから新しい知見を獲得することが戦術上有用だ」ということだと個人的には理解した。実際、合理主義者的に思われがちな自分だが、わりと無駄っぽく見えることを散々やって、その伏線を回収して生きてきた自覚がある。

小学校のとき、すでにかなり廃れていたアマチュア無線の免許をなんとなく取得してみたら、20年後になぜか放送局を建設する仕事をやることになった。だいたいアマチュア無線3級の知識の範囲でなんとかなった(普通ならないと思うけど、私の場合はそれと推論力でなんとか応用できた)。

高校まで理系だったのに、面白そうなので大学でマンガ文化を研究していたら、結果的にソーシャルメディア時代が訪れて、技術も文化もわかるので、メディア(媒体)がコミュニティを形成するということの本質を理解できた。

大学で著作権に関する寄附講座の運営スタッフをやってくれないかと言われて小遣い稼ぎにやっていたことを思い出して、腕試しにと思って知的財産管理技能士の資格をとってみたら、仕事でJASRACと大掛かりな交渉をする機会が突然やってきた。

卒業単位に全然必要ないのに教員免許を四苦八苦して取得したら、セミナーの講師とかやる機会が30代になってから劇的に増えて、あのとき授業という形で散々練習をした成果が発揮された。

せっかく大学という学問の時間を得ているのにバイトに精を出すのは基本的にもったいないと思うタイプだったけど、某衛星放送のコールセンターのバイトはちょっと興味があったのでやり込んでみたら、30代になってから自分でコールセンターを立ち上げることになった。

全然必要なわけではないのだけど、海外の版権ものを取得することに興味が突然湧いたので、仕事の傍らこそこそドイツのマンガの翻訳権の買取交渉と契約書作成をやっていたら、数年後にはレディ・ガガのマネージメントとライブの放送権の交渉を直接やる羽目になり(このときのライブはガガ的にはちょっとミスがあってあまり乗り気ではなく、交渉に成功したのは全世界で私だけだったらしい)、さらにその後には台湾企業との大規模な交渉も英語でやることになったのだけど、さすがにレディ・ガガと契約交渉したあとでは英文契約書も怖くなかった。

無駄だと思うところに、本質は隠れていないか

12月8日に文化放送が「焚き火の音をただ90分立体音響で流す特番」を放送する。
www.joqr.co.jp
こういう一見無駄っぽい深夜番組での挑戦ネタは、私も一時期FMの編成にいたころやっていたのだが、最近ではすっかりこういう特番も減ってきたような気がする。
文化放送がこの番組をやってみることには、たぶん直接的な経済的メリットはなんにもないんだけど、その背景は大変興味深い。

  • いわゆる聴取率調査週の直前に話題作りができた。
  • AMではなくワイドFMのステレオで聞いてください、と告知することで、ワイドFMの存在をアピールできた。

この2つは誰でも思いつくところだが、それ以外にも色々ある。

  • 文化放送はもともと、ラジオドラマの制作を得意としていて、音響効果専門のスタッフがいたぐらい力を入れていた。その技術継承になっているのではないか。
  • radiko聴取が比較的少ないと思われる文化放送にとって、「ステレオイヤホンで聞かれた場合の聴感上の特性」について研究する素材なのではないか。
  • 4K/8K時代において、オーディオメディアが次に進むべき道が本当にハイレゾなのか、立体音響みたいな昔からあるけどなかなかヒットしない分野なのか、コンテンツ付加価値としてどのように探るべきなのか。

とか、いろいろなことを考えているのではないかと思う。しかも「焚き火垂れ流し」というのは、2016年ごろから欧米で流行した「スローテレビ」というやつで*6、本来は「ホリデーシーズンにテレビを囲んで団らんをする」という体験を、この多メディア・個人メディア時代に取り戻そうという取り組みを元ネタにしている。

ラジオはテレビの登場以来ずっと「個人メディア」であって、しかもこの番組は「イヤホンで聞くことを推奨」している以上、現実の「団らん」にはならないわけだが、長時間、同じ空気感を同時共有することで何が起きるのか、というのはラジオの持つ本質的な力なので、図らずもテレビより先にタイムシフト視聴機能を公式に提供して、同時間体験を失いつつあるラジオにとって、古くて新しいチャレンジとも言える。

TBSラジオもScreenless Media Labs.の研究成果の一つとして、オーディオドラマをより高品位な表現として「Audio Movie(R)」としてブランド化することを試みている。これもかなり聴き応えがあるので、ぜひご一聴を。
audiomovie.jp

ただの無駄な遊びに見える「焚き火特番」に、ラジオが抱えている本質的な課題はたくさん埋もれているし、日常のルーチンの中で発見できない大局的な課題を考察することは、「無駄」とか、「余裕」を半ば強制的に作り出すことでしか、なかなかできない。AM局からこういう取り組みがどんどん出てくることに、FMの片隅にいる自分としては、大変な脅威を覚える。もはやAMとFMの違いなんて何もなくて、音声コンテンツの制作というフラットなフィールドに立つことを選ぶのなら、参入障壁はもはやなにもない。地上基幹放送局である必要すらない。


私が「放送のハード・ソフト分離経営の先にあること」を、ハードの側からこの数年来やってきたことが、無駄だったかどうかは歴史が証明してくれるでしょう。本質はそんなにシンプルなものではないと、私は思っています。